BEC三浦孝偉さんがブチ切れた!【BECチャット・音声コンテンツ】

それはそろそろ10月5日になろうとした(でもないか)2016年10月4日23時14分のことでした…

なぜメルマガ書かない

売って終わりですか?

買わなかった人は、シカトですか?

やったら、次の日から連絡しないショボイ男といっしょ

BECチャットにて、三浦孝偉さんから、10月2日にセールスが終了したBECメンバーに激が飛びました。

その後、三浦さんからはその背景にある12分超の解説音声が配信されました。
音声

最初に言っておきますが、三浦さんがブチ切れたのは、BECメンバーに更に上のステージに行って欲しいからこそのブチ切れでした。

出来る人にしか、三浦さんはブチ切れたりしません。

10月2日にセールスが終了した商品とは、BECメンバーである佐野正一さんの物販コンサルで、海保雅紀さんの素敵なLPと、佐野さんの人間性、そして、日向さんらの熱いアフィリで、多くの方に購入していただくことが出来ました。

それは三浦イズムを理解して真摯に実行されたからこその結果だったと思います。

だからこそ、三浦さんはブチ切れたのでした。

ハードセールスした後のフォローは凄く重要だ。

これは、情報発信者と言えば、数万リスト、数10万リストを持っている人がいる中で、
2000、2500、最近で、3000リストとなった三浦さんが、
それら数10万リストを持つ人達にこれまで負けないでやってきた本質に触れる話しでした。

それは三浦さんが読者様を1人の人として向き合ってきたということ。

読者様を人としてきちんと向き合っているのかどうか。

1ヶ月間メールを送らないで、久しぶりにいきなり来たと思ったら、
「来週に素敵なサービスを提供できると思います!」
なんて始まって、それから3日かそこらでセールスが始まり、
煽りまくって買え買えと連日言って、
セールスが終わった次の日からはパタっとメールを送らないで再び1ヶ月間沈黙となる…

BECのメンバーにはそんな情報発信者にはなって欲しくない、という思いからでした。

この音声に対し、三浦さんはBECのメンバーにどう思ったのかのアウトプットも求めたのですが、

今度はBECメンバーに激が走ります。

アウトプットすくねえな〜

皆、人間的に冷たすぎだよ

成果を出したけど、さらに上のステージ行って欲しいからブチ切れた三浦

そういうのを応援できない理由が、
俺には分からない

実は、私もアウトプットできていない1人でした。

読者1人1人と向き合ってくれる三浦さんは、BECメンバーの1人1人ともしっかり向き合ってくれるんです。

だからBECメンバー皆は三浦さんに連いて行きたい!って思うんですよね。

考えて・言語化することの機会、その価値、その意味、そしてその行動をするための背中まで押してもらっているのです。

そして、そんなBECメンバーのアウトプットは1つ1つ、その人物の想いが込められたもので溢れました。

その中でも、これはここに記しておきたいと思ったものを挙げさせていただきます。

まずは三浦聖樹さんのアウトプットの一部抜粋になります。

購入者側の立場から思うに、
一方通行の発信はその辺の飛び込み営業のように気持ちよくは思えないことが多いです。

初めて自分が3万円の教材を買うのにどんなに勇気を出したか…。

そういった気持ちを忘れてはならないと感じました。

三浦聖樹さんはご自身では情報発信(メルマガ)をしていないからこその購入者の立場からの見解でしたが、私もそうだった!と思わせてくれました。

情報商材を初めて買ったときの不安やドキドキ、期待や希望って私もたくさん抱えていました。

買わなかった時も、その後にモヤモヤって付き纏いますよね。

ハードセールスでその人からのメールを沢山読んでいることもあって、読者様との距離は確実に近いものになっています。

ここでどんなフォローメールを入れることができるかで、更なるファン化が進むのか、それとも、忘れ去らる存在となるのか、その分かれ目といえるかもしれないですね。

そして、井上泰輔さん、

「昨日までのセールスにおつき合いいただき、、、、」

みたいなテンプレート形式になりがちですが、

相手の事を思えば、選ぶ言葉が変わるし、
表現が変わると思っています。
僕自身の情報発信も、

その言葉の数が少なかったり、表現の数が少ないから、
ワンパターンなメールになってしまう。

全ては経験、知識、勉強が足りないと自己反省しています。
そのために、本を読み、体験をし、既存をぶち壊す。

その体験から得た「言葉」を使い伝えていく。

そして、自分が伝えたい言葉ではなくて、
相手が欲しい言葉を理解した上で、
それを表現してあげる事が大事だと思っています。

さらには、相手がイメージしやすいように、
様々なストーリーを織り交ぜて、想像を掻き立てさせる。

今回のセールスでも、参加したくても、
本当にお金がなくて、死ぬほど悩んだ人もいたとしたら、
自分ならどのように声を掛けたのか。

井上泰輔さんの端的に言語化できる能力は凄すぎます。

実は、先月の勉強会でも、井上泰輔さんは、
求められたワークで、1人だけレベルの違うアウトプットをしていました。

夜のおねーちゃんは落とせない井上さんが、
なんでこんなに素晴らしいアウトプット・言語化ができるのか、
実は三浦さんにこっそり聞いたことがあるのですが、
その答えは、アウトプットをしてきた経験の違い、場数の違いとのことでした。

泰輔さんだって、最初からこんな素晴らしいアウトプットはできていなかったということ。

そして、私なんてのは、アウトプットの場数を増やして訓練すべきレベルなのに、
行動が伴っておらず、アウトプットが全然、出来ずにおりました。

実は、私、今月10月はメルマガやるぞ!と
月初の目標設定を三浦さんに提出したのですが、
メルマガを出さずに早、丸4日が経っています。

口だけで言ってんじゃねーよ、
かっこつけてんじゃねーよ、

だから、メルマガ書けねーんだよ。

って自分自身に激!です。

そして、あなたは如何ですか?

インプットをしたらアウトプットってしていますか。

アウトプットの場所は、チャットでもFacebookでもブログでも構いません。

インプットをしたら、すかさずアウトプットを。

私もまだまだ出来ておりませんので、
一緒に頑張って参りましょう!

===================================
トレンド千種眞季のさらに濃厚な情報をメールマガジンで配信中
お気軽に登録ください ⇒ 登録はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【BEC】千種眞季Profile

chigusamaki

上智大学卒業後、外資系証券会社に就職しデリバティブトレーダーとして1億円稼ぐも、理不尽なリストラをきっかけに、組織に頼らず生きる道を選びインターネットビジネスの世界に入る。

2016年2月、三浦孝偉氏に師事し、その他の塾やコミュニティを断捨離する。

2016年7月、三浦孝偉氏唯一のコミュニティBEC2016(2期)のメンバーとなる。

2016年10月、BEC2016(2期)上半期MVPを獲得。

2017年1月、BEC2017(3期)のプレミアムメンバーとなる。

<ネットビジネス history>

■2015年4月
twitter & Facebookで100万円達成

■2016年8月
メルマガアフィリ リスト数70で20万円達成

■2016年9月
トレンドアフィリで70万円達成

三浦孝偉氏指導の元、twitterで培った「流行を追う」「顧客インサイトを探る」スキルを武器にトレンドアフィリエイトとその指導を実践中。

東京都世田谷区在住
三重県四日市市出身

新着記事

  1. こんにちは、こんばんは、千種です!今朝は、早朝4時台からBECのメインチャットが賑わっていま…
  2. こんにちは、こんばんは、千種です。今日は「愛情」についてお話したいと思います。「…
  3. 12月に入って絶賛トレンドバブル中ですね~。先日、Facebookで紹介したこの投稿。…
  4. 事の発端は、私が運営するトレンドブログにアクセスが集中してしまって、契約しているサーバー側が障害…
  5. こんにちは、こんばんは、千種です。今年2016年2月、私は断捨離をしました。家の中に…
PAGE TOP